読書と読書会

読書会を文化として社会に根づかせたいと考えています。

【読書】前日に読んでた本:8月2日分

 

 

▼今日8月4日は、8月2日(当記事)と3日の読書記録を個別に公開する予定です。

①戦争は女の顔をしていない・コミック版(1)、(2)(アレクシエーヴィチ原作・小梅けいと作画)

岩波現代文庫に収められている原作がEテレ「100分de名著」8月放送分のテキストとして採用されていたので、放送テキスト(沼野恭子)・原作は後回しにして、コミック版を先に読みました。

「戦争」「記録と記憶」「女性」と、幾重にも興味深いものであるので、コミック・放送テキスト・原作の3種をコンプリートしていきたいと考えています。

なお、Eテレでのオンエアは8月9日(月)からの全4回で、第1回の放送を受けて、clubhouse内でのクラブ「100分de名著を語ろう」で取り扱います。8月12日(木)を予定しています。

②時の旅人(アリソン・アトリー)

現代と、16世紀のサッカーズとを行来したペネロピー。一度現代のロンドンに戻ってから、再度サッカーズを訪れたのは、「現代の時間で」2年後のことでした。ペネロピーの腕時計は、16世紀にいる間は動いていません。

ペネロピーが再び迷い込んだ16世紀では、スコットランド女王メアリーがウイングフィールドに着くということが話題になっていました(第11章・またウイングフィールドへ)。物語は加速していくようです。

        *       *       *

まず、8月2日分として公開します。お読みくださり、ありがとうございました。