読書と読書会

読書会を文化として社会に根づかせたいと考えています。

【読書】前日に読んでた本:7月31日分

 

▼7月31日(土)は、下掲の3点に目を通しました。別途読書メーターへの登録データをまとめたものも公開しますが、7月度に読了できたのはコミックを除くと7冊でした。

レ・ミゼラブル(4)(ユゴー原作・新井隆広作画)

ファンティーヌの遺したコゼットは、テナルディエの元で過酷は生活を強いられていましたが、ジャンとの出会いによって救われます。一方、ジャベルは執拗にジャンを追い詰めようとします。

時が過ぎて、舞台はパリへと移ります。コゼットは美しく成長し、彼女に恋する青年マリユスが登場します。

②時の旅人(アリソン・アトリー)

第9章「秘密の通路」については、冒頭部分のみに目を通しておきました。

ペネロピーは、アンソニーが妻に話しかけているところに現れます。この時、アンソニーはメアリー女王を救う危険な計画を立てていました。

③「ゲド戦記」の世界(清水真砂子

所持していたことをすっかり失念していたものですが、偶然書架から「救出」することができました。2006年の訳者による講演が元となっている岩波ブックレットの1冊です。これについては、別立ての記事を書き起こそうと思っています。読むことができてよかったと思っています。

        *       *       *

日毎の読書記録については、この記事は以上といたします。近日中に、

読書メーターの7月度まとめ

②『「ゲド戦記」の世界』について

をまとめた上で公開する予定でいます。