読書と読書会

読書会を文化として社会に根づかせたいと考えています。

【100分de名著を語ろう】8月度の実施内容のご案内

 

 

▼毎週木曜の21時から、clubhouse内にて「100分de名著を語ろう」という、いわば「ファンクラブ」的な集いを主催しています。8月12日も開催しますので、その席上でご案内いたしますが、8月度(8月12日~9月2日)の実施内容が概ね決まりました。この記事でもご案内いたしますので、ご関心をお持ちくださいましたら、ぜひ遊びにいらしてください。

▼今月度のオンエアのテキストと講師は、

・テキスト名:戦争は女の顔をしていない

・著者:アレクシエーヴィチ

・講師:沼野恭子さん

となっています。原テキストの邦訳版は、岩波現代文庫の1冊として刊行されています。また、別途コミック版がKADOKAWAから刊行されていることも申し添えておきます。現在、第2巻までが刊行されており、継続して刊行されていくと思われます。

Eテレの長寿番組「100分de名著」は、1回25分を1か月の間に4回オンエアして、1冊の「名著」を紹介していくという番組です。毎週月曜22:25からの本放送のほか、水曜に再放送がされています(5:30からと、12:00から)。

▼clubhouse内での「クラブ」は、そのオンエア内容を受けての意見・感想の交換のほか、番組にちなんだ内容のトークを企画しています。2021年4月から開催しています。

▼今までは、オンエアに即した話し合いの回よりは、番組にちなんだ、バラエティ的なおしゃべりを重視して開催してまいりました。例えば、

・妄想リクエスト大会:番組で取り上げてほしい「私にとっての名著」を紹介、

・10分de名著:参加者が中心となって、5~10分程度の紹介をする。今までは、『影との戦い』(ゲド戦記第1巻)や、『甘えの構造』が紹介されました。

▼毎月1冊が、4回のオンエアで解説されていますが、1回の放送内容に対応したクラブのミーティングとはせず、月に2回ほどを当ててきました。あとの2回は、柔軟に企画を立ててワイワイと話し合ってきました。

▼そこで8月度についても、2回をオンエア内容に対応したミーティング、あとの2回を「企画」的な開催をと考えていました。しかし8月度は、毎回の放送に1回のクラブ開催を対応させて運用していこうと思い立ちました。

▼その理由は、放送テキストやコミック版の内容が、あまりにすばらしく、参加くださる方々と、じっくり話し合いを持ちたいと考えたからでした。いささか挑戦的な試みとなりますが、ぜひ楽しい会としてまいりたいと思います。放送やテキストに接する機会がなく、手ぶらでご参加いただいても歓迎いたします。clubhouse内でお会いできますことを、楽しみにしています。

 

 

 

【読書日記】8月7日から8日に読んでた本

 

 

7月27日にふと思い立って、読書とその周辺に関するスタイルをいじってみました。いずれそのことについては、記事として書いておきたいと思っています。さしあたって、ここでは①本の選び方、②読み方、③記録の仕方を変更してみたとのみ書いておこうと思います。

8月7日(土)

①時の旅人(アトリー)

7月19日(月)から4回かけて実施している、clubhouse内でのオンライン読書会用テキストとして選定したものです。8日に読了しているので、それとまとめて後述します。

②響~小説家になる方法~①・サンプル(柳本光晴

 Amazonプライムビデオから推薦されていた作品の原作です。一度読んでいたのですが、再度入手してしまいました。

極めて優れた才能の持ち主の主人公ですが、人格として難があります。サンプルを読んだあとで映画の予告編も見ましたが、本編を見る必要性を、あまり感じられませんでした。ですので原作についても、これ以上は追求しないものとします。

8月8日(日)

①時の旅人(アトリー)

7日と8日で残りの3章を読み、全巻の読了となりました。各章の標題は以下の通りです。

・第12章 アラベラ

・第13章 マジパン細工のサッカーズ

・第14章 雪

16世紀に迷い込んだ少女ペネロピーを怪訝に思っていた、フランソワたちのいとこアラベラによって、ペネロピーは窮地に陥れられます。命の危険を感じ取ったペネロピーは、現代には戻れなくなるとの恐怖を感じていました。その彼女を窮地から救ったのはジュードでした。

現代に戻れたペネロピーの両親が、クリスマスにサッカーズを訪れることとなりました。両親を迎えたペネロピーでしたが、またも16世紀へと行ってしまいます。今風に言えば「タイムスリップした」となるはずなのですが、この言葉を使うことには、強い抵抗を感じてしまいます。

16世紀のサッカーズでは、メアリーを救出しようとした企てが露見してしまったとの問題が持ち上がりました。しかし、急に吹雪いてきて、メアリーの逃亡に使うはずだった坑道を見えなくしてしまったのです。ペネロピーが16世紀にいた間には、彼女に「悲報」が届くことはありませんでした。

②物語イギリスの歴史(上)・サンプル(君塚直隆)

『時の旅人』は、英国史の知識が豊かであれば、より楽しめたはずと思います。そこで、英国史を学び直すための新書を探したところ、中公新書岩波新書に良さそうなものがありました。

上巻の「はじめに」で、信長とエリザベス1世とが、ほとんど同年代に生きていたと知り、親しみのようなものを感じました。上下とも通読する機会を得たいと思っています。

③100分de名著テキスト『戦争は女の顔をしていない』(沼野恭子

9日からオンエアされる8月度の「100分de名著」で採用されている「名著」の解説テキストについて、「はじめに」と9日放送に該当する章を読みました。

12日には、このオンエアを受けたクラブ「100分de名著を語ろう」を、clubhouse内で開きますので、もう少し読み進めたいと思います。

④イギリス史10講・サンプル(近藤和彦

岩波新書には「◯◯史10講」と標する著作が複数あり、この著作もそのうちの1冊です。

このサンプルでは、目次のみ提供されていましたが、10項目を見た限りでは、先の『物語~』との一方だけを選ぶなら、こちらを選ぶかなあと思わされました。

⑤イギリスと日本・サンプル(森嶋通夫

Amazonで検索した際、先の2著は、「イギリス史」「入門」で検索しました。検索ワードを変えて再検索したところ、覚えのあるこの著がヒットしたので、これについてもサンプルを入手しました。1970年代の刊行で、当時は「英国病」という点に関心が集まっていたと思われます。

国史における民主主義、福祉、教育等々の経験は、様々な意味で参考とすべき点が多いので、学んでおきたいところではありますが、あえて入手は見送ることとしました。

かなり詳述されている「はしがき」で、ケインズについての言及があり、Kindleで下掲を入手していたことを思い出し、読んでみようと思い立ちました。

⑥まんがで読破版『雇用・利子および貨幣の一般理論』(ケインズ

「プロローグ」について通読できました。ケインズの妻・リディアが語り部という設定です。ケインズ42歳、リディア32歳の時の結婚とのことでした。

 

 

もう一度見たい&オススメしたい「100分de名著」

www.nhk.or.jp

▼毎週木曜の21時から、clubhouse内にて「100分de名著を語ろう」というクラブの運営をしています。Eテレの名物番組「100分de名著」は、放送開始から10年を超え、取り上げられた「名著」も100点を超えたとうかがいます。

▼このクラブを稼働させたのは、実質4月からでした。都合19回実施していて、ほぼ毎回番組関係者の方のご参加を賜り、貴重なお話しをうかがえています。

▼7月度の『老い』と、8月度の『戦争は女の顔をしていない』の間が2週間オンエアが空いていたこともあって、先の8月5日に実施した回では、今までのオンエアから

①もう一度見たい回

②見逃してしまった回

③人にオススメしたい回

等について、スピーカーとして参加くださった方からご紹介いただきました。今回の記事では、席上話題となった28点について、以下に

①著者名

②タイトル

③解説者名  

を記載いたしました。クラブ内では、それぞれのエピソードについても語っていただきましたが、それらについてはclubhouseの利用規約上、残念ながらご案内できません。ご了承くださいますようお願い申し上げます。

        *       *       *

呉兢『貞観政要』 出口治明

レヴィ・ストロース『野生の思考』 中沢新一

③『旧約聖書』 加藤隆

④『法華経』 植木雅俊

⑤メアリ・シェリー『フランケンシュタイン』 廣野由美子

⑥フロム『愛するということ』 鈴木晶

⑦「メディアと私たち」

・リップマン『世論』 堤未果

・サイードイスラム報道』 中島岳志

山本七平『「空気」の研究』 大澤真幸

オーウェル『一九八四年』 高橋源一郎

⑧「『日本人』とは何者か?」

九鬼周造『「いき」の構造』 松岡正剛

折口信夫死者の書』 赤坂真理

河合隼雄『中空構造日本の深層』 斎藤環

鈴木大拙『日本的霊性』 中沢新一

石牟礼道子苦海浄土』 若松英輔

神谷美恵子『生きがいについて』 若松英輔

フランクル『夜と霧』 諸富祥彦

ラッセル『幸福論』 小川仁志

小泉八雲『日本の面影』 池田雅之

⑭『古事記』 三浦佑之

宮沢賢治スペシャル『注文の多い料理店』ほか 山下聖美

フランツ・ファノン『黒い皮膚・白い仮面』 小野正嗣

⑰アラン『幸福論』 合田正人

松本清張スペシャル 原武史

・点と線

砂の器

・昭和史発掘

・神々の乱心

岡倉天心茶の本』 大久保喬樹

内村鑑三『代表的日本人』 若松英輔

道元正法眼蔵』 ひろさちや

サン・テグジュペリ星の王子さま』 水本弘文

良寛詩歌集 中野東

㉔ル・ボン『群集心理』 武田砂鉄 ※2021年9月放送

㉕エンデ『モモ』 河合俊雄

ロジェ・カイヨワ戦争論』 西谷修

谷崎潤一郎スペシャル 島田雅彦

痴人の愛

吉野葛

春琴抄

・陰翳礼讃

カミュ『ペスト』 中条省平

        *       *       *

▼オンエアに先立って、前月25日ごろにテキストが発売されます(電子書籍版もあり)。

▼放送終了後、加筆されて「集中講義」「100分de名著ブックス」「NHK新書」等として発売されることがあります。

▼書籍版が切れてしまっても、電子書籍版の配信が継続されていることがありますが、配信が終了しているものもあります。

▼また、有料の「NHKオンデマンド」で視聴できるものがありますが、著作権上配信されていないものもあります。

         *       *       *

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

 

 

 

 

【読書日記】前日に読んでた本:8月3日~6日

 

 

▼8月3日(火)から6日(金)の4日間のうち、3日続けての通院があったため、予定していたブログの投稿ができませんでした。今回は、4日間に目を通した7作品について、ごく簡単なコメントを残しておきたいと思います。

8月3日(火)

戦争は女の顔をしていない・コミック版②(アレクシエーヴィチ原作・小梅けいと作画)

ブクログに登録した感想を記載します。現在、コミック版は2巻までが刊行されています。

第一巻に続けて。旧ソ連の崩壊とともに、急速にソ連史への関心は薄れていったのではないかと思うが、「知らなかった」では済まない歴史がここにはある。歴史、過去の忘却は、ともすれば「冒涜」にもつながることを忘れてはならないだろう。続刊や、Eテレテキスト、岩波現代文庫版も、期待しながら読みたい。また、岩波新書の『独ソ戦』などにも手を広げてみたいと思う。

スピな夫が何言っているかわからない・サンプル(えじまりん)

クライアントとカウンセラーとして知り合って結婚した後、妻の立場から描かれているコミックエッセイのサンプル版です。今となっては、何でこれを読みたくなったのかが思い起こせないのですが、購入は見送ることとしました。

戦争は女の顔をしていない(アレクシエーヴィチ)

Eテレ「100分de名著」の8月放送(8月9日~8月30日)で取り上げられるものです。解説担当は沼野恭子さん。今回は目次に目を通しておきました。

コミック版の出来がよかったので、Kindle化されていた岩波現代文庫版も読んでみたいと思いました。

clubhouse内でのクラブ「100分de名著を語ろう」では、少なくとも2回取り上げたいと考えています。その2回目までに全体を通読する他に、放送テキストについても併読していこうと思っています。

8月4日(水)

出会い系サイトで70人と実際に会ってその人に合いそうな本をすすめまくった1年間のこと(花田菜々子)

clubhouseでの知人がこの本に関心を持ったということもあって、Kindleの底から引き上げてみました。2019年2月に入手。6日現在、第2章までを読み終えています。

花田さんご本人は、出会い系即セックス相手を探す手段、とは考えていなかったようでした。第1章で出会った男性は5人。その5人について、「品定め」的な記述もされています。

14歳からの文章術(小池陽慈)

8月4日のツイートから引用します。

一週間ぶりに、小池陽慈さんの『14歳からの文章術』を開く。二部構成(構成編/表現編)のうち、第一部・構成編を読了する。 第一部はさらに、①論理的な文章を②説得力を持たせて書く、という要素に分かれ、第一部全体を通して、10件の「文章作法」が提示され、必要に応じて繰り返し説明されている。

 この「10件の文章作法」については、別立ての記事として紹介しようと思っています。

かげきしょうじょ!!①(斉木久美子)

一度中断した連載を、掲載誌を変更した上で再開した分の第1巻です。ですので、中断以前の刊行分で説明されている分が読みたくなります(が、致命的な欠落というほどではありません)。

舞台は未婚の女性だけで構成されている「紅華歌劇団」の養成学校です。読了後、オンエア中の新作アニメが、Amazonプライムでも配信されていると知って、第2話までを見たのですが、やはりというべきなのでしょうか、原作にはかないませんでした。ただし、原作を継続して読むかは不明です。

8月5日(木)

僕のヒーローアカデミア①(堀越耕平

clubhouseでの別の知人が痛くお気に入りの様子なので、気になっていたタイトルでした。幸いKindleで期間限定ながら、第1巻が無料で読めるので入手した次第です。通読後、これについてもAmazonプライムで、第5期までが無料配信されていましたので、第1期の1話を見ました。原作・アニメともおもしろかったのですが、高い優先度を与えてよいものか、迷っています。

しかしながら、「奇抜な設定における説得力は、どのようにして調達されるのか」について、考えをめぐらしてみたいと考えています。

8月6日(金)

出会い系サイトで70人と実際に会ってその人に合いそうな本をすすめまくった1年間のこと(花田菜々子)

前出の知人が、読んでみたいとは言っているのですが、オススメしてよろしいものかが判然としません。少し読んだ上で判断しようと思っているところです。

第2章では、前職について記述されています。「ブックガイド」的な内容を予想していたので、ちょっと意外な展開と思っています。

        *       *       *

4日分をまとめたので、2000文字近くになってしまいました。最後までお読みいただき、ありがとうございました。

 

 

【読書】前日に読んでた本:8月2日分

 

 

▼今日8月4日は、8月2日(当記事)と3日の読書記録を個別に公開する予定です。

①戦争は女の顔をしていない・コミック版(1)、(2)(アレクシエーヴィチ原作・小梅けいと作画)

岩波現代文庫に収められている原作がEテレ「100分de名著」8月放送分のテキストとして採用されていたので、放送テキスト(沼野恭子)・原作は後回しにして、コミック版を先に読みました。

「戦争」「記録と記憶」「女性」と、幾重にも興味深いものであるので、コミック・放送テキスト・原作の3種をコンプリートしていきたいと考えています。

なお、Eテレでのオンエアは8月9日(月)からの全4回で、第1回の放送を受けて、clubhouse内でのクラブ「100分de名著を語ろう」で取り扱います。8月12日(木)を予定しています。

②時の旅人(アリソン・アトリー)

現代と、16世紀のサッカーズとを行来したペネロピー。一度現代のロンドンに戻ってから、再度サッカーズを訪れたのは、「現代の時間で」2年後のことでした。ペネロピーの腕時計は、16世紀にいる間は動いていません。

ペネロピーが再び迷い込んだ16世紀では、スコットランド女王メアリーがウイングフィールドに着くということが話題になっていました(第11章・またウイングフィールドへ)。物語は加速していくようです。

        *       *       *

まず、8月2日分として公開します。お読みくださり、ありがとうございました。

 

 

【読書】前日に読んでた本:8月1日分

 

 

▼8月1日(日)は、コミックのサンプルを含めた7点に目を通すことができました。

レ・ミゼラブル(5)(ユゴー原作・新井隆広作画)読了

美しく成長したコゼットを連れ、ジャンはパリへ移り住みます。コゼットに恋する青年・マリユスや、ジャンを亡き者にしようとするテナルディエ夫妻の策謀、エポニーヌの恋などが描かれます。

②時の旅人(アリソン・アトリー)

8月2日(月)に開催するオンライン読書会に備えて、2章を読みました。2日と9日とで、一旦は全体を終了させる予定です。

第9章:秘密の通路

アンソニーは、スコットランド女王メアリーを脱出させる計画があることを妻に告げます。また、ペネロピーを敵視するアラベラが再登場します。

第10章:スコットランドのメアリー女王

メアリー女王がウイングフィールドの荘園屋敷を訪れます。また、ペネロピーは、16世紀から現代へと戻れなくなってしまうことがあるのではないかと不安にかられます。

③本気で変わりたい人の行動イノベーション(大平信孝)

このところ、苦手意識を持っているビジネス系・自己啓発系の著作を数点手にしています。ノウハウ・コレクターにならないよう、気をつけないといけませんね。

私は「次」のアクションへと、なかなか移れないことが多く、それでこの著作を手にしました。「はじめに」を通読。

④大人は泣かないと思っていた(寺地はるな)読了

残っていた3話を読み通して、全巻を終えました。

妥当じゃない

翼の農協での同僚・平野貴美恵(=私)は、友人の亜衣から結婚することになったと告げられます。

亜衣は、平野さんは翼に好意を持っていることを指摘します。

おれは外套を脱げない

亜衣と春馬との結婚式。春馬と別れた松田えま(仮)も列席していました。鉄腕の父・義孝(=おれ)は、そのことを怪訝に思います。 

君のために生まれてきたわけじゃない

翼とレモンが出会った一年後。翼の父は、肝臓の腫瘍のため入院していました。一人で父の世話もしている翼は疲労をつのらせ、いつしかレモンとの関係もぎくしゃくしてきました。そこでレモンへの翼の態度に業を煮やした鉄腕(=鉄也)が一計を案じます。鉄腕が翼に対して投げかけた、「お前は遠くばっかり見過ぎる」というセリフが迫りました。

⑤戦争は女の顔をしていない・コミック版(1)サンプル(アレクシエーヴィチ原作・小梅けいと作画)

Eテレ「100分de名著」の8月度テキストとして採用されている『戦争は女の顔をしていない』のコミック版(全2巻)のサンプルを読みました。たまらなくなって、2巻とも割引クーポンを使って入手し、読み進めている最中です。

蜜蜂と遠雷・コミック版(1)サンプル(恩田陸原作・皇なつき作画)

大ヒットした『蜜蜂と遠雷』のコミック版で、現在1巻が刊行されています。皇さんの絵柄はたいへん好みです。映画版のビデオを見直すか、本編を再読するかしたかったのですが、コミック版を通読したくなりました。

⑦遅読術(適菜収)

世をあげての速読・多読・教養「ブーム」に一石を投じようとしているものと思われます。「第1章・速読バカと情報弱者」を読みました。読んでおきたい積読本がたくさんありますので、この本を全巻通読するかは微妙です。

        *       *       *

今日8月2日は、『時の旅人』『戦争は女の顔をしていない①』を中心に読んでいく予定です。